「寒中見舞い」と聞いて、「あれ、喪中はがきと違うの?」と思う方も多いでしょう。

この記事では、「寒中見舞い」と「喪中はがき」の違いについて解説します。

寒中見舞いとは?喪中ハガキとの違いは?

この記事で分かること

  • 寒中見舞いとは何か
  • 寒中見舞いの用途や目的
  • 寒中見舞いの出し方や出す時期

寒中見舞いとは

寒中見舞いとは、寒い季節に出す挨拶状です。

寒さが厳しくなった季節に、相手の健康や安否を気遣って出します。

「寒中」とは二十四節気の「小寒(しょうかん)」と「大寒(だいかん)」にあたる期間をさします。

寒中に送る挨拶なので「寒中見舞い」と言います。

本来は上記のような意味なのですが、身内に不幸があり、喪中で年賀状を出せなかった場合にも利用されます。

目次に戻る

寒中見舞いを出す期間

寒中見舞いを出す期間は決まっています。

お正月の松の内が明けてから、「大寒」の最後の日(節分)までです。「立春まで」と説明される場合もあります。

「大寒」が終わるまでに相手に届けるのが良いでしょう。

松が明けるのは地域によって違うようなので、贈る相手の地域性も気にかける必要があります。

通常、関東は1月7日まで、関西は1月15日までです。

1月下旬に届くように出せば間違いは無いでしょう。

遅くなると立春を過ぎて相手に届いてしまいますので注意しましょう。

目次に戻る

どんなときに寒中見舞いを出すの? 用途や出す理由は?

では、どんな場合に寒中見舞いを出すのでしょうか?

寒中見舞いを出す目的や用途は下記のようなものが多いです。

寒中見舞いを出す理由

  • 寒い季節に相手を気遣う挨拶として
  • 喪中はがきを頂いた場合、その返事として
  • 喪中と知らずに年賀状を送ってしまい、そのお詫びとして
  • 自分が喪中の年に年賀状をもらってしまい、その返事として

寒中見舞いは、本来、寒い季節の挨拶のためのものです。

ですので、喪中以外の目的にも利用できます。

このほかに引越や結婚のお知らせなどにも利用されることもあります。

目次に戻る

寒中見舞いの送り方

寒中見舞いは普通のお便りを送るのと同じように、ハガキや封書で送ることが出来ます。

よく利用される送り方は下記の2つです。

寒中見舞いを送る方法

  • ネット印刷サービスで注文して送る
  • 自分で官製はがきや封書に書いて送る

ネット印刷サービスで注文して送る

「挨拶状ドットコム」などのネット印刷サービスでは、寒中見舞い専用のデザインが施されたハガキが販売されています。

普通の挨拶に使えるカラフルなデザインから、喪中の寒中見舞いにあったモノクロタイプまで、様々なデザインが用意されています。

例文も豊富なので、文章を選んで簡単に注文することが出来ます。

自分で官製はがきや封書に書いて送る

郵便局で販売している官製はがきで送ることも出来ます。

郵便局では、切手部分に「胡蝶蘭」をデザインした官製はがきが販売されています。

寒中見舞いによく利用される官製はがきです。

裏面は無地ですので、デザインや文章は自分で書く必要があります。

「寒中見舞い」は、本来「季節の挨拶」ですので、弔事用の切手や喪中はがきを使うのはマナー違反とされています。

弔事用の切手
弔事用の切手

先程紹介した「胡蝶蘭」をデザインしたハガキは使用しても大丈夫のようですが、人によっては「これって喪中はがきじゃないの?」と思う方もいるかもしれませんので注意しましょう。

寒中見舞いの注意点

  • 寒中見舞いを送る場合、弔事用の切手を使わないこと
  • 喪中はがきの切手やはがきを流用しないこと

目次に戻る